2019年12月17日

音も心も ともに響くコンサート

〜公共の働き 愛真ホーム訪問〜

12月16日(月)
西宮友の会 有志のみなさんで
志染愛真ホームを訪問し
利用者の方々に
クリスマスコンサートを
楽しんでいただきました

な5.png

なな.png

な3.png

このメンバーでの訪問は
初めてのこと
公共の係の声かけで
早速に実現しました

歌・バイオリン・ピアノの演奏
そして
生活団から借りた
鈴やタンバリンも活躍して
会場のみなさんと合奏することもできました

な.png

利用者のみなさん
楽しい音楽で
確実に若返られたと思います

そして演奏者は 久しぶりに?
「かわいい」と何度もほめられ
これまた 確実に若返りました!

な4.png

このお手製のケーキも
お店に出せるクオリティー
だったとのこと

みんなも行きたくなったでしょう?

ところで
こちらは夙川方面のある高年会員の
作品です
だきごこちも最高です

な1.png

今回の訪問にはちょっと
間に合いませんでしたが
こちらの二匹も 近々
高齢の方のもとへ
もらわれていく予定です

な2.png

こんなおちゃめな子が
お部屋で待ってくれていると思うと
どんなにうれしいでしょう




posted by さっちゃん at 21:17| Comment(0) | 公共

2015年09月04日

陸前高田への支援活動

〜陸前高田米崎仮設支援活動報告〜
9月1日は防災の日。
突然の天災への備えを確かめる日。
そして被災され、今なお不自由をされる方々に心を寄せる日でもあります。
この日の例会で、6月26日から4日間にわたって行われた東日本大震災支援活動についてスライドを交えて聞きました。
陸前高田市米崎仮設への支援活動は、今年で7回目を数え、西宮友の会から2名、神戸友の会から1名が派遣されました。

友の会の訪問を心待ちにしてくださる方も多く、すでに仮設住宅を出て遠方に越された顔なじみの方々もわざわざ集まってこられたとのこと。
広告紙で肩叩き棒を作り、それを使ってストレッチ体操をしたお茶っ子の会。
和紙の長財布作りの手仕事の会。
「毎日の洗濯の工夫と夏服の手入れ」の生活講習。
父の日を祝う料理実習では、予定以上のお父さんの参加で、関西の味を多くの方に知ってもらうことができました。
加えて、訪問に際し集まった寄付の品物からミニセールを開催。
大好評のもと完売で、売上金は自治会へ寄付されました。
図3.jpg

図4.jpg
大震災から四年半が経過し、被災の状況が人それぞれ多様になる中、コミュニティの雰囲気も変わってきたそうです。どこにも持っていきようのない悩みを抱える人も多くいます。
長い支援運動の中で信頼感が生まれ、「誰にも話せないが貴方たちなら・・・。」ともらす苦しい胸を内にじっと耳を傾けながら、
いまなお、はかり知ることのできない厳しい問題があることを憶え、遠くの「隣人」に心を寄せられる者でありたい・・・そう報告が結ばれました。
posted by さっちゃん at 18:25| Comment(0) | 公共