2020年07月09日

高年会員からの便り

〜西宮友の会 会員部〜

大雨の被害が各地から寄せられ
心休まらぬ時間が続きます

また 依然としてコロナ禍のため
集まりにくい状況も続いています

特に高年の会員を心配した会員部が
80才以上の方々へ往復はがきを出したところ
つぎつぎとお返事が届きました

ふ3.png

ある90歳代の返信
「・・・如何なる時も私共は
『思想しつつ生活しつつ祈りつつ』に
守られて今日まできました。
[中略]
家族に守られて
心豊かに衣食住に
取り組んでおります。・・・」

またある80歳代の返信
「・・・明日の友、婦人之友と合せて
励まされています
何も力を出すことは出来ませんが
団体の中にいることで、
一人だけの時間だけではなく
輪の中にいる慶びを味わうことも出来
ありがたいです・・・」

会員部リーダーからは
「お葉書には、(活字の)会報では伝わらない
その人らしさが字体から感じて、
本当に感激と尊敬の気持ちで一杯です。」
との感想(引き続きお返事お待ちしています)

もちろん
不安な気持ちが綴られた葉書もありますが
どの文面も最後は
自らを励まし
他人を思いやる言葉で結ばれ
常に光に向いて歩き続ける
姿勢に驚きを感じます


ふ2.png


中には
娘さんやお嫁さんの代筆もあり
気づかないところで多くの人に
この友の会活動が支えられていることも
思わされました

詳しくは今後の会報にご期待下さい

7月7日のへちまさん↓
残念な空模様となりましたが
そんなことにはお構いなし、
見事な緑のカーテンを広げて
ゆうゆうと風に揺れていました


ふ1.png
posted by さっちゃん at 13:39| Comment(0) | 日記